【25年分の感謝を】今どきの愛妻家が選ぶ
“サプライズなプレゼント”とは?

ハウスキーピングイメージ

長年連れ添った妻へ何か特別なプレゼントをしようと悩み、考え抜いた末に思い浮かんだのが「ハウスキーピングサービス(家事代行)」でした。
普段家事を頑張っている妻に、「ハウスキーピングサービス」のプレゼントをした私は、妻が今までにないくらいとてもイキイキと過ごし、若々しくなったと大変満足しています。
今回は、そんな私が、妻へ送った“サプライズなプレゼント”によって、どんなメリットや家族がどう変わっていったかなどを織り交ぜてご紹介していきます。

<エグゼクティブが送る妻へのプレゼントとは>

私の職業は、都内の大学病院で責任者をしている、医師です。私が、これまで妻に送ってきたプレゼントといえば、女性が喜ぶような「モノ」が多かったのですが、日頃家事や同居している子供たちの世話まで頑張ってくれている妻に「モノ」ではない、もっと心の底から喜んでもらえるようなものがいいと思いついたのが「プレミアムハウスキーピングサービス」というプレゼント。満足しているのは、妻が自分の時間を持つことにより、明るく、そして若々しくなった姿を見ることができたからです。
妻は、どんな高価なものよりも嬉しいはずだったに違いないと断言できます。

妻写真

<家事の時間を減らすこと=心の余裕につながると考える>

私が小学生の頃、母から「家事には終わりがない」と聞いたことがあります。1日中、気付いたら家の事ばかりをしていたという世の奥さま方は今の時代でも多いのでしょう。
私の妻も、まだ子供が小さかった頃は、一日中、掃除、洗濯、食事などに加え子供達の面倒を見ていた記憶があります。休日には友人など自宅に来客も多かったので、事前の準備、食事や後片付けなど休みの日もゆっくりさせてあげられなかったことを今更ながら少し後悔しています。

でも、今は昔と違い、ハウスキーパーという心強い味方がいます。家事をアウトソーシングすることで、「あれをして、これをして」と考える時間が減り、妻だけでなく、私にも心の余裕が生まれました。家事の時間を減らすことで、夫婦で過ごす時間も増え、今までできなかったことにも時間を充てることができる。これからの余生を考えると、かけがいのない人生を過ごす上で、「時間」がこんなにも重要なファクターになるんだと改めて思うようになりました。

クラシニティイメージ

<家事はアウトソーシングすることでクオリティがあがる>

家事をアウトソーシングすることで、心の余裕が生まれると前述しましたが、サービス前後で生活クオリティがこんなにも変わってくるものなんだと改めて驚かされています。
パソナのプレミアムハウスキーピングサービス「クラシニティ」は、そのサービススキルの高さに定評があるようで、そのサービスレベルは妻にとっても想像以上のようでした。素人の掃除では気づかないところまで、申し分なくキレイにしてくれます。世界で活躍した経験が多い「クラシニティ」のハウスキーパーは、スタッフ全員がフィリピン国籍の国家資格を持つプロのハウスキーパーであるのも納得しました。実を言うと他人を家に入れることに最初は抵抗がありましたが、とにかく安心して家事を任せられ、家がホテルのようにピカピカになることに、今では私まで本当に大満足です。そして、妻は家事を安心して任せられることで、友人とお芝居を観に行ったり、趣味のカーデニングを楽しんだりしています。
家事を他人に任せることは、まだ私の周りでもためらう方は多いようですが、イキイキとした妻を見ていると、このプレゼントで本当に良かったと思っています。

クラシニティイメージ

妻が感じた、「クラシニティ」を利用する上でのメリット3選

1.国家資格を持った外国人によるハウスキーピングサービス

全員がフィリピンの国家資格だけでなく、パソナ独自の「ハウスキーパーマイスタープログラム」の研修を受講したスタッフ。
人材派遣大手のパソナのサービスだから、スタッフの管理をしっかりしているという安心感もあるようです。

2.ハイグレードなハウスキーピングの品質

世界基準の「おもてなしの心」を持ったハウスキーパーさんが来てくれる。来客時にはお買い物やテーブルセッティングなどもお願いできるので、友人を招くときにはお願いする事が多いです。

3.1回3.5時間の徹底したハウスキーピングサービス

キッチン、浴室、トイレ、リビング、床などの基本的なお掃除から、普段目の行き届かない、窓枠や廊下の巾木まで隅々と掃除をしてくれるので、家は常にピカピカ。

私が感じた、ハウスキーパーに依頼して良かった点

時間的に余裕ができたことで得られた時間を、妻が楽しく過ごせている事に価値を感じています。さらに、子供たちや自分たちの友人が来客した際には、テーブルセッティングも完璧で、部屋もきれいなことからいつでも気持ち良くホームパーティーができる生活。クリスマスや年末年始など、人が集まる時にいてくれるハウスキーパーさんは我が家にとって何にも代えがたい存在です。

自由な時間を持てたことで、心に余裕が生まれただけではなく、家族の絆も深まった良い出来事となり、プレミアムハウスキーピングサービスはこれまでで一番のプレゼントだったと実感しています。



【仕事も育児も完璧(?)な私のためのサービス】
家事に「国家資格を持つ人のクオリティ」を!

ハウスキーピングイメージ

共働き夫婦なら誰しも一度はぶつかる壁である、「家事の分担」。妻である私が商社の総合職、そして夫は起業したばかりでほぼ家にいないという、周囲に比べて忙しい二人かもしれません。
でも、こんな忙しい私たちが家事の分担という難題から解放されたのは、海外ではごく普通に使われているとあるサービスのおかげであるといっても過言ではありません。
ここでは、家事の分担という同じ悩みを抱える方たちに、問題の解決方法をご紹介していきたいと思います。

1.完璧主義(?)な私の日常

海外支社や外国人クライアントとの業務が多く、時間も不規則になりがちな私。でも仕事に妥協はしたくない。しかし、「仕事を完璧にこなしたい!」という気持ちが自分を追い込んでしまっているのか、とても忙しい毎日を送っていたのです。

①仕事と育児だけで1日が終わる

朝は保育園に子供を預けてから出社。保育園のお迎えに間に合わず、シッターさんにお迎えと子供の夕飯を頼み、夜の8時ころに急いで帰宅。こんな毎日で家事をする時間はありません。
しかし、さすがにこのままでは家の中が片付かない。そこで週1回在宅勤務にして、どうにか家事と仕事を両立させていました。

②私が絶対譲りたくない「息子とのバスタイム」

そんな私のリラックスタイムは可愛い盛りの息子とのバスタイムです。息子と一緒にお風呂に入りたい一心で、必ず夜の8時までには帰宅し、一緒にお風呂に入っています。
しかし、仕事が終わらないことも多く、寝かしつけた後に夜遅くまで仕事をしてしまう事もあります。

2.このまま忙しいだけの自分で良いのだろうか?

忙しい日々を送る私の中で、「もっと家族のための時間を増やしたい」という気持ちが沸き上がっているときに【クラシニティ】に出会うことになりました。

妻写真

①夫からのいたわりの言葉

「いつもありがとう」「手伝えなくてごめんね」。夫は私の事を気遣っていたわりの言葉をかけてくれます。しかし起業したばかりの夫は私よりも忙しいはず。仕事に対する姿勢で夫を心から尊敬している私は、「パパも社長さん業頑張って!」と励ましの言葉をかけていますが、夫は家事を手伝えていないことに良心の呵責を感じているようでした。

②そんな夫が手伝ってはくれますが、、

夫は起業したばかりといっても、たまに休みはあります。そんな休みには、積極的に家事を手伝ってくれます。しかし、どうしてもアイロンがけが苦手のようで洗濯系の家事は私が仕上げる必要があります。気持ちは嬉しいですが、正直夫は家事の戦力として期待できません。

③シッターやハウスキーパーの手配

忙しさを改善したい一心で、シッターさんを頼むことにしました。シッターさんは息子の迎えや遊び相手などをしてくれますが、やはり家事は私がすることになってしまいます。
そんな時に同窓会で家事の分担について話していたら、友人に【クラシニティ】を勧められました。この友人も同じように家事の分担で悩んでいた同志だったのです。

3.完璧主義(?)の私が認めた【クラシニティ】

「家事分担の悩みから解放されるよ!」と友人から太鼓判をおされ、勧められた【クラシニティ】。帰宅後、すぐに申し込みをしました。そのくらい家事の分担は私にとって重大な悩みになっていたのです。

妻写真

①まるでモデルルーム!?高いスキルのクオリティ

【クラシニティ】に家事を依頼した初日。その仕事ぶりに驚愕を覚えずにはいられませんでした。友人に「クオリティの高い仕事をしてくれるから、仕事に厳しいあなたでもきっと満足するわよ」と言われていましたが、まさか、ここまでとは…。
まるで我が家がモデルルーム並みに整然と掃除されていました。
ハウスキーパーさん達は全員フィリピンの国家資格だけでなく、パソナ独自の研修プログラムの受講者で、このクオリティはさすがの一言です。この【クラシニティ】の仕事ぶりには私も夫も大満足。「さすが国家資格ホルダーの仕事レベル!今度教えてくれたお友達にお礼しなきゃね!」と夫も喜んでいました。
私のリラックスタイムである息子とのバスタイムも、ツルツルピカピカのお風呂で、さらに充実。湯船の中での息子との会話がはずみます。

②まるで新品!?神業のアイロンがけ

特に夫が全く戦力にならないアイロンがけ。これを【クラシニティ】にお任せしたら、まさに神業!仕上がりに夫も「新品みたい!どうやるの?」と大満足!

③猫の手も借りたい!在宅時にお願いできること

早朝に出勤し、夜遅く帰宅する共働き夫婦の悩みパート2が「買い物」です。欲しいものを買いたいと思っていてもお店が閉まっていたり、品切れになっていたりとなかなか欲しいものを手に入れることが難しかったりします。
そんな悩みも【クラシニティ】が解決してくれました!【クラシニティ】では在宅時に買い物代行サービスも行ってくれていると知り、共働き夫婦には手の届かなかった、家で仕事中にも、行列ができる食パンや有名店のケーキなどといったものの買い物も頼むことができるようになりました。
また、1週間分の食材の買い物も頼めるため、私が在宅勤務の日にまとめてお願いするようになりました。これで毎日の買い物に費やしていた時間も節約!時間の余裕が心の余裕にもつながっているのか、最近朝の目覚めが違う気がします。
そして、更に良い事がありました。
毎週ハウスキーパーさんと買い物内容の話をする事で、我が家の好みも理解してくれて、まるで私が自分で選んだような商品を買ってきてもらえるようになりました!

4.【クラシニティ】がもたらす大事な家族の時間

【クラシニティ】に出会うことで、「時間が足りない、忙しい」そんな生活が、今では遠い日の思い出となりました。私自身も仕事がはかどるようになり昇進が決定!さらに【クラシニティ】に頼むことが増えそうです。
そんな中、夫が「ママの友人を招待して、ホームパーティをしよう!」と提案してくれました。【クラシニティ】を紹介してくれた友人一家を招いてのホームパーティです。当然、パーティのセッティングから、おもてなしまで【クラシニティ】にお任せです。
自宅でくつろぎながら、友人たちと歓談。夫は「初めてパパ友ができたよ!」とご満悦。
以前では考えられなかったホームパーティを開くことができたのも【クラシニティ】のおかげです。

まとめ

「もっと早く出会いたかった」
家事の分担でお悩みの方はぜひ【クラシニティ】を利用してみてください。家事をアウトソースすることで家族との時間が増やせるなんて素晴らしい発見でした。きっと他のママも【クラシニティ】が悩みから解放してくれるでしょう。



結婚を諦めかけた40歳サラリーマンが半年間でフィアンセをゲットした方法
PR:株式会社ウェブクルー

 

僕の名前は田中義男。
本当にどこにでもいる40歳のサラリーマンだ。
工場勤務で年収は500万円台中盤。

日本全体の平均年収から見たらいい方だと思う。

趣味は特にない。
帰宅後や休日はテレビとかYouTubeを観て過ごしている。

ずっと実家暮らしなので、意識しなくてもお金は勝手に貯まっていく。

まあ、一言で言うとマイペースな人生を送っていた。

だが、そんな僕にも深刻な悩みがあった。
それは「結婚できない」ということだ。

30代半ばまでは余裕があった。
相手が10コ下といっても25歳くらいだ。まだまだいける。
しかし、自分が40ともなれば、10コ下はもう30歳だ。
急激に焦りが僕を襲ってきた。「一生結婚できないんじゃなかろうか」と。

そして40歳になってすぐに僕は行動を開始した。
正直、かなり遅すぎる婚活だったと我ながら思う。

それから半年。
僕には結婚を前提にお付き合いをしている人がいる。
なぜ今まで全く女性に縁がなかった僕がその段階まで行くことができたのか?

ここからはその理由について書いていこう。

僕が結婚どころか彼女すらできない理由

40歳になるまで、僕は一度も女性と付き合ったことがなかった。

別に根っからのオタとかではなく(アニメは好きだが)、外見も清潔感がないとかそういうわけではないのだが、超内向型のためか一人でいるほうがストレスがなかったし、必要性を感じなければ女性と(というか人と)接しようと思うこともなく、ずるずるとこの年齢まで来てしまった。

ともかく切実に危機感を持った僕は、40歳にして、なぜ彼女ができなかったのかを分析してみることにした。

職場

はじめに工場勤務と自己紹介したが、お察しのとおり、職場には女性がほぼいない。
よって、出会いはない=彼女はできない。

あまりにも短絡的すぎる帰結だが、事実なのだから仕方がない。

プライベート

だったらプライベートで頑張れよ!と思う人もいるかもしれないが、そう単純な話ではない。
僕には、自信がなかったのだ。

彼女いない歴=年齢なうえ、工場と家を往復する単調な毎日、というのがなんとなく負い目になっていた。
かといって、サッカーが得意とか、オフは音楽活動をしている、とかそういった事もない。

何の取り柄もない自分と付き合って、更に結婚してくれる奇特な人などいるわけがない。

そんな事を考えてしまって、結局プライベートの時間は一人でダラダラ過ごしてしまっていた。

結婚相談所がベストである理由

そんな僕が、言いようのない不安に駆られて、40歳になってすぐに婚活を始めたのは前述したとおりだ。

ただ、婚活といってもパーティや街コン、出会い系アプリといったものは性格的に絶対に無理だと感じていた。
そこで、あまり自信がない人でも地道に婚活に取り組むことができるような方法はないか探してみた。
最初に頭に浮かんだのはお見合い。でも、そこには大きな問題があった。

世話を焼いてくれる人がいない。そもそも相談できる人がいないのだ。

じゃあ、頼れる人がいて、誰か紹介してくれるようなところはないのか?
そこで見つけたのが結婚相談所だ。

結婚相談所での婚活で、僕は結婚を前提としたお付き合いができる女性と巡り合えた。
身をもって、結婚相談所がベストだと考える2つの理由について記載していきたい。

事前に情報を知ることができる大きすぎるメリット

結婚相談所には、婚活パーティなどでは絶対に得ることができない大きなメリットがある。
それは「相手の性格や趣味、家族構成や仕事内容、年収」といった情報を事前に知ることができるという点だ。

もちろん、婚活パーティでもプロフィールシートなどはあるだろうが、結婚相談所ではより深い情報をしっかりと精査することができる。
結婚相談所には真剣に結婚をしようとしている人しかいないというのも、とても良い点だと感じた。

安心して相談できるアドバイザー

結婚相談所では、マッチングに長年関わってきたプロのアドバイザーに相談に乗ってもらうことができる。

これは結婚どころか恋愛初心者の僕にとって、相当ありがたかった。
家族や友達にも言えないような悩みを聞いてもらえたので、このサポートで婚活がかなり前進したように思う。

はじめのうちは女性に対する言動や態度で失敗したこともあった。その度にアドバイスを受け僕は少しずつ修正していくことができたわけだが、一人だったらこうはいかない。

まとめ

結婚相談所はそれなりの金額がかかるので、費用面だけを考えるなら婚活パーティなどに参加した方が経済的だ。
ただ、僕のように恋愛経験もなく、自分に自信を持てない人の場合、なかなか上手くいかずに婚活が長期化してしまう可能性がある。

それならば、必要経費とか自己投資という感覚で、多少金額が張ってもサービス内容が充実していて短期決戦で婚活に臨むことができる結婚相談所をぜひ利用してほしい。

どんなところがあるのか知らないという方は、僕も使ったこの比較サイトがおすすめ。
今思えば僕の人生もこの資料一括請求から変わったんだろう。ありがとう!
↓      ↓       ↓

提供:株式会社ウェブクルー
運営会社:株式会社ウェブクルーエージェンシー

もう婚活で悩まない|結婚相談所で最愛の人と出会おう
PR:株式会社ウェブクルー

周りに既婚者が増え、「結婚」の2文字を意識せずにはいられなくなる30代。
結婚したいという思いが強まる一方で、なかなか良い相手に巡り会えないという悩みをお持ちの女性も多いのではないでしょうか。

そんな方に最適なのが、「結婚相談所」です。
相手のことを知った上で、気が合いそうな男性と効率良く出会えるようになっているからです。

仕事は満足、でも「恋愛」は・・・

私の名前はらん。
30歳で独立し、現在フリーのデザイナーとして仕事をしています。

周囲の人にも支えられ、「仕事」はそれなりに順調。
なのですが、「恋愛」においては全く順調ではありません。。。

恋愛対象に出会えない

元々結婚願望が強く、早く子供も欲しいのですが、理想の相手と巡り会うのは簡単ではありません。

出会いが全くないわけではないのですが、仕事を通じての関わりが多く、ビジネスパートナー以上に発展することはありません。

社交的で距離を詰めるのは得意ですが・・・

職業柄、仕事終わりは夜遅くになることがほとんど。
友達と予定が合いにくいためプライベートでは単独行動をしがちです。

社交的なほうなので一人で食事や飲みに出かけても周囲と仲良くはなれるのですが、恋愛や結婚を意識できる男性とはなかなか出会えません。

積極的に婚活するも結婚には至らず

「このままだといつまで経っても結婚できないのでは」
徐々に焦る気持ちが芽生え、積極的に婚活も行なってきました。

合コンに街コン、お見合いパーティーにも参加

とにかく出会いを探して、合コンから街コン、お見合いパーティーと積極的に参加してきました。
しかし、寄ってくるのは自分の求める男性像とは真逆のタイプばかり。。。

私はぐいぐいリードしてくれるような人が好みなのですが、周囲からは自立心が強い女性に見えるのか、声をかけてくるのは女性にリードしてほしいという男性ばかりでした。

マッチングサイトも利用

マッチングサイトも利用してみたのですが、登録者の中には婚活目的ではなく単に遊び相手を探している感じの人もチラホラ見受けられました。

また、ちょっと「いいな」と思える人がいても、結婚に対する考えや姿勢に温度差があり、結局うまくいかずに終わってしまいました。

運命を変えた友人の何気ない提案

何をやっても婚活がうまくいかない日々。。。

「生涯を共にする結婚相手選びは妥協したくない」と思う一方で、
「どこかで妥協しなければ条件が合う人に出会える確率は減っていく」
ということもわかってはいました。

もうどうすれば良いのかわからない、
と居酒屋で嘆く私に、友人がさらっと言いました。

「あれは?結婚相談所。私もよくは知らないけどさ、なんかいっぱいあるっぽいじゃん」

「その手があったか!」

早速ネットでいろいろ調べて資料請求し、目星をつけ、結婚相談所へ行ってみることに。
これが運命を変える大きなきっかけとなりました。

結婚相談所の利用メリット

結婚相談所へ行くとは決めたものの、これまで婚活に惨敗してきた経緯もあり「またうまくいかないんじゃないか」と半信半疑の気持ちでした。

ところが、実際に利用してみると「はじめから相談すればよかった!」と思うほど、結婚相談所にはメリットがたくさんありました。

1.理想通りの人を見つけやすい

結婚相談所では事前にプロフィールを確認でき、職業や年収、趣味、性格など、相手の人となりをある程度会う前に把握することができます。

また、希望条件を絞って相手を探すことも可能で、効率よくタイプの人に出会えます。

2.結婚願望が強い人に出会える

結婚相談所に登録している人は、結婚を前提にした交際を望んでいる人ばかりです。
結婚相談所は有料ですから、お金を払ってでも結婚相手を見つけたいという姿勢に本気度がうかがえます。

当然結婚に対する意識にも温度差がないので、ゴールインを迎えやすくなっています。

3.プロのサポートを受けられる

婚活には不安や悩みがつきものです。
1人で婚活をしていると、行き詰まった際に最適な解決策が見出せず、思いつめてしまうこともあります。

その点、結婚相談所ではプロのアドバイザーが成婚まで親身にサポートしてくれるので、1人で悩むこともなく安心して婚活を行えます。

いますぐ結婚したいなら結婚相談所に登録を!

「結婚したいのに、なかなか良い相手に巡り会えない」
そんな悩みをお持ちの方は、結婚相談所を利用してみてはいかがでしょうか。

私は結婚相手を探すために試行錯誤を繰り返してきました。
だからこそ「結婚相談所は結婚相手を見つけるのに最適な手段である」と明言できます。

ただ、結婚相談所と言ってもその数はとても多いので、まずはどんなところがあるのか、比較サイトなどをうまく使って自分に合いそうな結婚相談所探しから始めましょう。

そうすれば私のように、結婚相談所で出会った運命の人から、わずか3ヶ月でプロポーズしてもらえる可能性大ですよ!
↓    ↓    ↓    ↓

提供:株式会社ウェブクルー
運営会社:株式会社ウェブクルーエージェンシー

35歳のリア充独身男が結婚相談所を全力でおすすめする理由
PR:株式会社ウェブクルー

 

俺の名前は田中信二、35歳。
大学を卒業してから、都内で公務員として働いている。

休日には趣味のゴルフに、自慢の愛車でドライブ、天体観測などなど…
はっきりいって、そこら辺のリア充って呼ばれているやつらよりも人生を謳歌している方だ。

未婚<既婚という謎の風潮

しかし、周りにいる連中は「結婚しろ」としつこい。
結婚の何が良いのか分からないが、世の中の未婚<既婚という風潮は腹立たしい。

別に出会いがないわけではなく、これまでたまたま合う人がいなかっただけだ。
最近は、婚活アプリも流行っているみたいだけど、あれで出会いたいとは思わない。
後輩に無理やり登録させられて使ってみたが、軽すぎるなと感じてすぐ退会した。

ある日、突然元カノから連絡が

復縁でもしたいのか?と思ったら、

「ゴルフバッグの中から出てきた!高いヤツだから宅急便で返すね!」
「あ、全然関係ないけどどうせ彼女もいないんでしょ?こういうの使って早く結婚でもしたら?」

と送られてきたのが、貸してたサングラスの写真と、結婚相談所比較サイトのリンクってわけ。

資料請求して理想の相手を探すだけだってよ…
熱心に説明する元カノのメッセージを俺は黙って読んでいた。

このときは、そんなので出会えるわけがないだろうと思っていた。

資料請求してみることに

最近紹介話も減ってきてはいたので、無料だし、とりあえず資料請求してみることに。

いろいろ見比べてみると、各社細かい違いはあるものの、全体的には結構良さそうなことが書いてある。実際のところはどうだかわからないが、話を聞くだけならどうせタダだから…と、その中からピックアップして試しに行ってみた。

ところが使ってみたら、メリットしかなかった。

婚活アプリと違いプロのアドバイスを聞けるだけでなく、自分の理想から相手を探すことができる。有名大手ともなると年間何千組ものカップルが結婚しているというのだから、その実績には文句のつけようがない。

そして俺は、結婚相談所に登録してから2カ月で出会った運命の女性と付き合うことができ、先月プロポーズしたばかりだ。

出会いの数は増えている

ほんの数年前まで、出会いの場所といえば合コンかお見合いくらいだった。

最近では、婚活アプリに街コン、婚活パーティー、SNS、趣味のオフ会など、選択肢は増えてきているが、どれも対価に見合うような成果があるようには思えず、無駄足になることも少なくない。

一方で、結婚相談所であれば結婚につながる「婚活」をすることができ、普段の生活では出会いがなかったり、婚活をする時間が無かったりする人でも安心して使える。

出会いの数は増えているけど、心から結婚したいと願っている人におすすめできるのは結婚相談所くらいだろう。

登録して損はない

「本当に結婚相談所で出会えるの?」
と疑心暗鬼になっている人もいるかもしれない。

しかし、そんな心配は無用だ。

真面目に婚活・結婚したいと考えていれば、きっと理想の相手に出会えるはず。

実際に、独身貴族と呼ばれていた俺でも、あんなに可愛い奥さん
(正確にはまだ彼女だが)と結婚しようとしているのだから。

幸せをつかむために、その一歩を踏み出さない手はない。
↓      ↓       ↓

提供:株式会社ウェブクルー
運営会社:株式会社ウェブクルーエージェンシー

【自宅に来客が多い方必見!】家でも“おもてなし”のススメとは?(個人投資家編)

ハウスキーピングイメージ

個人投資家としてデビューしてから早5年。仕事も順調。気の合う投資仲間もでき、自宅で月2回の投資勉強会も行っています。充実した毎日を送っていた私ですが、プレミアムハウスキーピングサービス(家事代行)【クラシニティ】と出会うことで、快適で新しい生活スタイルを手に入れることができました。

1.女性投資家サロンへようこそ

共通の話題でつながり、現在10名ほどの女性投資家さんたちと月2回の投資勉強会を自宅で行い、異業種の情報交換や、同じ投資家として交流を深めています。

異業種交流会イメージ

きっかけはSNSでの交流から

投資勉強会は投資系SNSサイトで知り合ったことがきっかけでした。「もっと投資の話がしたい!」という同じ思いを持っている仲間に出会え、すぐに意気投合。そして、誰からともなく「実際に会って、勉強会がしたいね!」という流れになりました。そこで、交通の利便性が良く、独り暮らしでいつでも気兼ねなく来客を招くことができる私の自宅で勉強会を開催することになりました。

投資銘柄や指数の先行きに関する月2回の勉強会

月2回の勉強会では、指数の先行きや、有望な個別銘柄に関する情報交換会を行っています。勉強会のメンバーには、値動きを表すチャート分析を独自の視点でされるテクニカルに強い方もいらっしゃるので、会社の経営状況を見て投資するファンダメンタル派の私にとっては、毎回、目から鱗の衝撃を受けるほど刺激となっています。こうして、お互いに得意分野を教え合いつつ、切磋琢磨して行う勉強会は、普段ひとりで投資をしている私にとって、とても新鮮な体験ができる貴重な時間となっています。

2.でも、悩みがひとつ。。。愛犬家にはツラい勉強会の準備

そんな楽しい勉強会ですが、一つだけ悩みがありました。それは「勉強会前の準備」です。うちでは室内で毛足が長い犬を飼っているため、掃除をしても犬の抜け毛が家中に残ってしまいます。正直なところ、大事な勉強会前の大切な時間はもっと株式の勉強に充てたいというのが本音でした。

犬イメージ

恒例行事!? 勉強会前の大掃除

毎月2回の恒例行事に勉強会前の大掃除があります。ただ掃除機をかけただけでは、犬の抜け毛が気になります。また、勉強会メンバーは女性です。人をお招きするのですから、使用する部屋だけきれいにしても、女性独特の厳しいチェックの目線はごまかせません。洗面台やキッチン、トイレに至るまで家中の大掃除をしなければいけませんでした。

センスの見せ所!勉強会前の買い出し

勉強会の準備は大掃除だけではありません。お客様に出すお茶やお茶菓子を厳選して、買い出しに行くのも一苦労。でも「おいしいお菓子ですね、どこのお店で買ったの?」といわれると、自分のセンスを褒められたようでうれしくなります。

このように、勉強会の準備は我が家の一大イベントになっていたのです。

3.ネットサーフィンで見つけたパソナのプレミアムハウスキーピングサービス【クラシニティ】

いつものようにインターネットで投資に関する情報収集をしていた時、ふとプレミアムハウスキーピングサービス【クラシニティ】という文字が目に留まりました。「あの人材派遣大手のパソナがハウスキーピングサービスを提供しているんだ!」この「クラシニティ」との出会いが、快適で新しい生活スタイルを手に入れる素敵な出会いとなったのです!

クラシニティイメージ

プレミアムハウスキーピングサービス【クラシニティ】だからできる3つのこと

実際に【クラシニティ】のサービスを利用して、以下の点が他のハウスキーピングサービスと違い充実していると実感しています。

外国人によるハウスキーピングサービス!「おもてなしの心」だからできる高い満足感

【クラシニティ】のコンセプトは、「世界基準の “OMOTENASHI” で、暮らしに“笑顔”をつくること。」スタッフ全員がフィリピン国籍のハウスキーパーです。「でも、どうしてフィリピン人?」と気になってネットで調べてみると、こんなことが書かれていました。『日本人には昔から「おもてなし」の精神があると言われますが、実はフィリピン人も似たような国民性を持っています。フィリピン人のおもてなし精神は「フィリピーノ・ホスピタリティ」とも呼ばれ、簡単にいうと「人に優しくしよう」という考え方です。初めて会った人でも困っていれば助けてあげたり、いつも明るく笑顔で接しようといった「フィリピーノ・ホスピタリティ」があるからこそ、フィリピン人のハウスキーパーは世界中で人気の的です。』なるほど、フィリピン人を採用している理由が分かり、すっかり納得してしまいました!

確かに、勉強会が終わった団らん時のテーブルセッティングから給仕に至るまで、居心地の良いカフェにいるような素晴らしいおもてなしをしてくれます。
おもてなしにすっかり満足した投資家仲間からは「どこのハウスキーパーを頼んでいるの」?」と聞かれるようになりました。その都度【クラシニティ】を紹介しています。初回お試しプラン“クラシニティ ミニ”を体験した仲間はすぐに気に入ってくれて、正式に【クラシニティ】のハウスキーピングサービスを利用しているようです。

圧倒的なクオリティ!ハウスキーパー全員が国家資格を持つプロだからできる高いスキル

【クラシニティ】の魅力は、そのクオリティにあると実感しています。在籍するスタッフ全員がフィリピン国籍の国家資格を持つプロのハウスキーパーです。世界で活躍するハウスキーパーのグローバルスタンダードな研修カリキュラムを提供している、マグサイサイグローバルサービス社のプログラムをフィリピン国内において約3ヵ月、400時間以上の徹底した教育研修を受講。日本においても、パソナ独自の教育研修「ハウスキーパーマイスタープログラム」の認定資格を持っているから、日本語、英語のバイリンガルスタッフも多数在籍。日常会話も気軽に英語で話せるから、自分の英会話レベルもどんどん上達していく感じ。自宅で英会話の練習もでき、ちょっと得した気分になれます。

家事だけじゃない! 買い出し、テーブルセッティング、お茶の用意もお願いできる

【クラシニティ】に決めた理由は通常の家事だけではなく、お買い物、勉強会のテーブルセッティング、お茶の用意も全部お任せできる点です。しかも、掃除に関しては「さすがプロだわぁ…」と納得のいくクオリティ。以前、一生懸命自分で掃除していた時と比較すると、明らかに段違いの仕上がり! また、勉強会に係るすべてをお任せすることができるので、勉強の効率もアップ!「まさに一石二鳥とはこういうことをいうんだなぁ」と納得してしまいました。

4.【クラシニティ】で快適で新しい生活スタイルを手に入れよう!

【クラシニティ】を利用するようになって思うのは、「ハウスキーパーがいることで、生活クオリティがこんなにもアップするんだ!」ということです。今では、勉強会の効率も上がり、投資成績も20%アップ!
また、自宅に居ながら最高のおもてなしを受けることができるという、これまで体験したことがなかった豊かな気持ちをもたらしてくれます。

まとめ

家のことはプロのハウスキーパーに任せ、大切な時間を自分の本当にやりたいことに注ぐ。時間に余裕が生まれることで、快適で新しい生活スタイルが手に入り、心の豊かさを育むことができます。皆さんも、ぜひ【クラシニティ】で“最上級のおもてなし”をご自宅でも実感してみてはいかがでしょうか。



37歳で結婚を諦めかけていた男がわずか半年で結婚できた理由
PR:株式会社ウェブクルー

こんにちは。
稲葉剛士といいます。母親と2人暮らしの37歳、サラリーマンです。

30歳を過ぎた頃から母親に結婚のことを言われはじめ、それなりに意識もしてきたのですが、結婚できないまま年月だけが過ぎてしまいました。

何年か前までは彼女もいたのです。
でも、地元の友達と作ったフットサルチームを優先しすぎるがあまりフラれてしまい・・

そんなこんなで「もう結婚は無理かな・・」と諦めかけていたのですが、30代半ばで一念発起して婚活を始めることにしました。

婚活することで分かった結婚の難しさ

婚活パーティに参加する

私がまず試してみたのが「婚活パーティ」でした。
参加者は男女合わせて30人くらい、綺麗な女性もいたので淡い期待をしながらスタートを待ちました。

プロフィールカードを書いて、1人1分で女性全員とお話をしていき、その後フリータイム。
最後に参加者の希望を聞いて、マッチすればカップル成立というオーソドックスな流れでした。

ただ、そこには絶望的な光景が広がっていました。

わずか1分の会話でカップルになることは難しいので、その後のフリータイムが重要になってくるのですが、目当ての女性の前には長蛇の列・・

結局、カップリングしたい女性が数人いたのですが、誰ともカップルになることはできませんでした。

街コンに参加する

婚活パーティ以外で挑戦したのが「街コン」です。
地元の埼玉県で行われている街コンに友達と一緒に参加してみました。

しかし、何組かの女性グループと一緒にお酒を飲んだのですが、何というか
「ただの飲み会」でした。

結婚に対する本気度がみんな著しく低いように思え、婚活というよりは恋活をしに来ているのかな、という印象を持ちました。

結局、街コンはもう二度と行くことはありませんでした。

結婚ができない大きな原因

その後もマッチングサイトなどを試しながら婚活してみましたが、暇つぶし感覚や結婚願望がない人も多く、どうしても上手くいきませんでした。

このように様々なサービスを使いながら婚活をしてきたのですが、私の方にも女性が結婚に二の足を踏んでしまう大きな原因がありました。

私の「ある条件」を受け入れてくれる女性がほとんどいなかったのです。

それは「母親と同居したい」ということでした。
父親が2年前に他界し、私が出て行ったら一人ぼっちになってしまう母。

結婚することができたら、できれば母親と同居して生活を共にしたいという希望は、多くの女性にとって重荷にしかならないようでした。

結婚相談所を利用して、半年後に結婚

「もう結婚は無理なのかな・・」
そう思っていた私が「あるサービス」を見つけたのは、婚活を始めてしばらく経ってからのことでした。

そのサービスとは、結婚相談所です。

「結婚相談所を使えば、自分でも結婚することができるかもしれない」と考え、入会することにしました。
そして実際に結婚相談所を利用してみて、メリットと感じたことが3つあります。

真剣に結婚を考えている人と効率的に出会うことができる

まず1つ目のメリットは
「真剣に結婚を考えている人と効率的に出会うことができる」という点です。

今まで婚活をしてきてネックだったのが「結婚願望がない人と付き合う時間」でした。
結婚相談所で相手を探す人は本気度が高く、短期で結婚したいという人が多いように感じました。

相手のプロフィールを事前に知ることができる

2つ目のメリットは
「相手のプロフィールを事前に知ることができる」という点です。

「母親との同居を希望する」ということをあらかじめプロフィールに記載することによって、「母親との同居でも良い」という女性とすぐに知り合うことができました。

また、相手のことをしっかりと理解できるということの重要性を再認識しました。

プロのアドバイザーからアドバイスがもらえる

3つ目のメリットは
「プロのアドバイザーからアドバイスがもらえる」という点です。

今まで婚活をしてきてずっと思っていたのが「1人で行動するのはつらいな・・」ということでした。
誰にも相談できずに落ち込んでしまったりすることも多かったです。

でも、結婚相談所ではプロのアドバイザーが相談に乗ってくれるので、ちょっと悩んでしまった時もとても心強かったです。

きちんと私のダメな所についてもアドバイスしてくださり、修正していくことができました。

まとめ

これまで書いてきたように、様々なメリットがある結婚相談所。

利用することにより、すぐに理想の人と出会うことができ、半年後に無事、結婚することができました。
正直、最初からこのサービスを利用していたら・・と少し思ったりもしています。

今、婚活で悩んでいる人は、結婚相談所を検討してみる価値はあると断言できます。
下記からすぐに資料請求ができるので是非検討してみてください。
↓      ↓       ↓

提供:株式会社ウェブクルー
運営会社:株式会社ウェブクルーエージェンシー

アラフォー女性にもワンチャンあり! 40手前で一発逆転が叶う婚活方法
PR:株式会社ウェブクルー

「世間体も気になるし、できることなら人並みに結婚したい。
 だけど、アラフォー女性が結婚できる確率はすごく低いっていうし…」

そう思っている皆さん、ちょっと待ってください!

アラフォー女性でも、かなりの高確率で結婚できる方法があるのです。
決して難しいことではありません。

今日は実際に私が結婚できたその秘策をお教えしますので、皆さんも夢を叶えませんか?

人見知りの私が結婚できるわけがないと諦めていた

私は山下絵美、39歳です。
国内外に支社を持つ大手流通企業で、10年間事務職を続けてきました。

極度の人見知りなので、この郊外の営業所から異動を希望したことはありません。
だから職場での出会いは絶望的。なのに、家と会社を往復するだけの毎日。

たまに地元の友達とは会うけれど、繁華街に遊びに行くこともありませんでした。
30代前半までは紹介話もありました。けど、初対面の人と話すのが苦手で即終了。年齢を重ねるにつれてどんどん億劫になり、「このまま一生ひとりかも」と思うように。

幸い実家暮らしで兄姉も近くに住んでいたので、せいぜい老後の蓄えくらいはしておこうと、すっかり諦めモードでした。

父の入院で真剣に婚活を考えるように

ところが、少し前に突然父が倒れたのです。
いつまでも、親が元気でいてくれるとは限りません。

親孝行はもとより、介護や将来のことも考えるとやっぱりひとりはこわい…
父の入院した姿を見た時、様々な不安が頭をよぎりました。

この頃から、婚活について真剣に考えるようになったのです。

とりあえず動けば結婚できると思っていた

重い腰を上げてまずは知人に紹介を頼んでみました。
でも、なんと候補者ゼロ。
まわりの同年代のフリー人口は激減していました。

かといって、人見知りの私がお見合いパーティーや街コンに参加するなんて、さすがにハードルが高すぎます。

なので手軽そうなマッチングアプリや婚活アプリを試してみました。
が、やり取りしてみると明らかに遊び目的とわかる男性も混ざっていたんです。

おまけにサクラもいるらしいと聞いて、慎重な私は警戒心ばかり膨らんでしまい、結局、全ての男性が怪しいと思うように。

実際動いてみたら、結婚への道はそんなに甘くなかったのです。

人見知りアラフォー女性でも結婚できた理由とは?

もはや手詰まりかと思った私が最後に辿り着いたのが、結婚相談所です。

だけど、
「結婚相談所って、なんか駆け込み寺っぽくて切なくなる…」
「登録している男性もきっとクセのある人ばかりなんだろうな」
結婚相談所に対して、完全に偏見をもっていました。

それでも他に方法がなかったし、とりあえず話だけでも聞いてみようと思ったのです。
その時はまだ、諦めかけていた私の人生がこんなに変わるとは予想もしませんでした。

でも、行ってみたらこんなにも頼れる場所だったんです!

結婚の意思があり身元の保証された人と出会える

結婚相談所では会員の身元をしっかり確認しているので、既婚者や遊び目的の男性と出会うリスクがありません。

結婚を希望していない男性も入会できないので、安心して婚活できました。

プロのサポートが受けられる

私のように、普段異性と出会う機会がない人や人見知りの人、今まで婚活が上手くいかなかった人でも、途中で挫折することがありません。

なぜなら、性格やこれまでの経緯を踏まえて合いそうな人を紹介してくれるし、プロのアドバイザーがどんな相談にも乗ってくれるから。

頼もしいし、迷うこともありませんでした。

40歳目前、待ったなし!人生を変える最後のチャンスは結婚相談所にあり!

結婚相談所で出会って、わずか3ヵ月で入籍した私たち。

しみじみと、結婚して本当に良かったと思ってます。
何より一番嬉しかったのは、両親が安心してくれたことです。

父は倒れて以降しばらく入退院や通院を繰り返しましたが、優しい夫は送り迎えや家事なども率先して協力してくれ、私だけでなく、母のことも父のことも助けてくれました。

いつも傍で支えてくれる人がいるということが、こんなにも心強いものだなんて想像もしていませんでした。

今では父もすっかり回復し、私たち夫婦も落ち着いた結婚生活を送れています。
来月にはようやく結婚式も挙げられます。楽しみでしかたありません。

だからこそ、私は同世代の女性に「年齢で諦めないで!」と声を大にして言いたいのです。

私も利用したこの比較サイトなら、自分に合った結婚相談所をすぐに見つけることができます。
皆さんもどうか大事なチャンスを逃さないでくださいね!
↓    ↓    ↓    ↓

提供:株式会社ウェブクルー
運営会社:株式会社ウェブクルーエージェンシー

結婚が縁遠いと感じていませんか?生真面目なあなたに伝えたい3つのこと
PR:株式会社ウェブクルー

 

真面目に生きているつもりが、気付いてみれば結婚適齢期どころか、徐々にアラフォーに近づいているという現実は、ちょっぴり切なくなるものですよね。

僕も、独身だった1年前までは「可もなく不可もなく平凡な毎日で、恋人すらいないけど、いつかは結婚したい」という、ないものねだりに苦しんでいたように思います。

今回は「真面目しか取り柄がない」と悩んでいた31歳の僕が、恋愛や結婚に前向きになるために意識した3つのことについてお話しします。

結論として今、僕には守るべき大切な奥さんがいます。
もしあなたがあの頃の僕みたいに「ほんのちょっとでもいいから前に進みたい」ともがいているなら、ぜひ参考にしてみてください。

1.他人の恋愛論や結婚観を過度に信じないこと

世間一般で言われているような「理想の恋人・結婚相手」みたいなのって、ピンときますか?

やっぱり彼女くらい欲しいと真剣に悩み始めた時、僕もいろいろ見たり聞いたりしました。
結果、個人的にはもっと「ふつう」がいいなと思いました。
だって、僕自身も「ふつう」だからです。

理想とか夢みたいな相手が目の前に現れたところで、ふつうの僕はさらに疲れるに違いない。仕事仕事でいつも終電、倒れこむように帰る毎日だったので、美人だとかスタイルがいいとか料理上手とかそういうことじゃなくて、僕が求めているのは「緊張しないで楽しく過ごせる人」だったんです。

恋愛や結婚は未知や未経験の部分が多いかもですが、他の人の意見や価値観を鵜呑みにしないほうが、無駄に自分を追い込まずに相手探しができます。

他人の人生と自分の人生を混同しないほうが楽

恋愛論や結婚観と同じように、他人の人生と自分の人生を混同しないことも大事だと思います。

同僚や友人、家族や親戚など、結婚している人の幸せそうな姿を見ると羨ましく感じるけど、それに対して劣等感を持つとネガティブになるだけだからです。

既婚・未婚でその人の価値は変わりません。
僕みたいに「他人は他人、自分は自分」とちょっとだけ開き直ってしまえば気持ちが楽になりますよ。

自分を見つめ直すことから始めよう

恋活や婚活を始めようと考えたら、闇雲に出会いを求めるのではなく、自分自身を見つめ直すことから始めたほうがいいです。 

自分のことがわからないままで、自分を好きになってもらうのは厳しいです、本当に。

何よりも、自分に自信を持つことが大事。
劣等感を持ってたり、自虐的だと、異性とコミュニケーションを取るだけでストレスが溜まります。

変に自信過剰になる必要はないけど、自信なさ過ぎるのは逆効果です。
なんでもいいから自分の強みを見つけ出しましょう。

2.恋愛や結婚に対するハードルを上げすぎないこと

僕もそうでしたが、恋愛・結婚をクリアできないミッション的な感じで考えるのはやめましょう。

自分でハードルを上げてしまうと、緊張感やプレッシャーが襲ってくるだけです。
ゆるい感じで「いいひと見つかったら結婚しよ」くらいのノリでいいと思います。

真面目で誠実であることは最大の武器になる

僕が自分を見つめ直して気づいたこと。

真面目で誠実なのは最大の武器になる、ということ。
たぶん、想像しているよりも「不真面目で不誠実な男性」の存在は世の中に多いです。

婚活中も「チャラ男に引っかかりそうになって嫌な思いをした」なんて話をけっこう聞きました。

でも、根が真面目で誠実なら、気取らず、普段通りに接するだけで充分に好感度が上がります。相手が真剣に向き合える人を探しているならなおさらです。

逆に、カッコつけたり、自虐的に笑いを取ろうとしたり、同情を引こうとするのはマイナスなのでおすすめできません。

3.恋愛や結婚を望む気持ちを恥ずかしがらないこと

恋活や婚活で一番の障害になるのは「異性との出会いを求めるのが恥ずかしい」と思うことです。
僕も、いざ行動してみるまでは「欲しがっている自分」を誰にも見せたくありませんでした。

その自意識に縛られて動けなかった、といったほうが正しいかもしれません。
今思えば、単なる、つまらない、ちっちゃな、プライドでしかなかったですね。

でも、とある場所で僕は恋愛や結婚を望むことは恥ずかしくないと気づかされました。

出会う方法やタイミングを自分で作り出そう

真剣に出会いを探そうと考えたものの、「どうやって異性と出会えばいいの?」という壁にすぐぶち当たりました。

はじめは手軽なので出会い系や恋活アプリを試してみました。けど、やっぱり意識というか、本気度に差がありすぎていまいち噛み合わず。
かといってこちらはとにかく会話すら不慣れなので、やけにスムーズに話が進むとそれはそれで「仕込みなんじゃないか?騙されるのでは?」と不安になってしまったりもしました。

結果、悩んで辿り着いたのが、一番お堅そうなイメージの結婚相談所でした。

なぜかと言うと、結婚相談所は登録する時に本人を証明する書類はもちろん、独身証明書も提出する必要があるので、出会う異性が「こんな人」で「未婚」というのがはっきりしているからです。

この安心感は僕にとって大きな決め手となりました。

素直な感情や自然体の自分で婚活できる

結婚相談所だと皆が「そういう前提」で来る場所なので、担当のスタッフさんに遠慮なく自分の恋愛観や結婚生活のイメージなどについて相談できます。
また、きちんとしたアドバイスがもらえます。

「独身の方が恋愛や結婚を望むことは、全然恥ずかしいことではなくて、むしろお互いが幸せになるために、お互いで努力している証拠ですよ」と言われて、出会いを求めるのは恥ずかしいことじゃないんだ、と僕は気づけたわけです。

さらに、自分の良い部分を気づかせてくれたり、自分に相性の良さそうな異性を紹介してくれるので、「結婚できそうにない」という暗い気持ちが、「結婚できるかも!」くらいの明るさにレベルアップします。

結婚相談所ってどんなところがあるの?と気になった人は、僕も活用したこの「結婚相談所比較サイト」をぜひチェックしてみてください。

↓    ↓    ↓    ↓

まとめ

婚活は気軽に始めて、気楽に続けるのが一番良さそうです。

僕自身、最初は手探りで闇雲に婚活をしてみましたけど、結果が出ないと精神的に疲れて辞めたくなりましたし、一人のままでいいやと落ち込んだこともありました。
でも、結婚相談所を利用してからは、具体的に会う段階まで進むのが早いですし、あとはお互いに良いと思える人に巡り会うまで、タイミングの問題だなと感じて不安もなかったです。

とりあえず、一人は寂しいよなとか、そのうち結婚くらいはしたいとうっすらでも感じているなら、あまり考えこまずに婚活を始めてみることをおすすめします。

↓    ↓    ↓    ↓


提供:株式会社ウェブクルー
運営会社:株式会社ウェブクルーエージェンシー

30代バツイチ女性には結婚相談所が絶対おすすめ|モテ期到来の予感
PR:株式会社ウェブクルー

3組に1組は離婚、という現代。
20代や30代でも離婚経験のある人が増えているんです。

実は、私もその一人でした。
そんな30代のバツイチの私が再婚できたのは、結婚相談所のおかげなんです。
今回はバツイチでもOK、むしろ一度経験があるからこそ、結婚相談所をすすめる理由についてご紹介します。

婚活をするようになったきっかけ

私は20代の時に、結婚と離婚を経験しました。
そして、離婚したことに負い目を感じたまま30代に突入…。
そんな中、あることがきっかけで婚活を始めたんです。

家族からの後押し

バツイチとはいえ、まだ30代。
母親や弟から「まだ若いんだしもう一回結婚考えてみたら?」と提案されました。
自分だけだと前に踏み出せないのに、家族の一言って大きいですよね。

転職で環境を変えた

看護師として20代の頃から、夜勤ありの病院で働いていました。
夜勤がある仕事って、本当に体が辛いんです。
それで、数カ月前に転職して日勤のみの病院に勤務。
環境を変えたら気持ちに余裕が出てきて、自分のことを色々考えられるようになったんです。

 バツイチ女性が婚活市場でモテる理由

婚活をいざ始めようとすると、不安が付きまとうもの。
男の人は、バツイチ女性は恋愛対象外なんじゃないのかな…。

そんな心配は不要です。
実は、婚活の場では、バツイチ女性がモテるんです。
モテる理由をご紹介しますね。

①自立している

バツイチだと、「自分一人で生活しなければ!」と、経済的に自立した方が多いんです。
また、辛い過去を乗り越えた分、今を楽しく生きている姿が男性にとって魅力的に見えます。

②結婚生活に理想を持ちすぎていない

結婚生活ってお互いを尊重したり、妥協したりして、理想通りにはならないもの。
そんな現実を知っているのは、バツイチだからこそ。
結婚に夢を見ている女性よりも、現実的な考えを持っている方が、男性は安心なんです。

バツイチ女性は結婚相談所を利用しよう

バツイチはモテるっていうのはわかったけど、結婚相談所はハードル高すぎじゃない?とお考えのあなた!
そんなことはありません。
私が、結婚相談所を利用して良かったと思ったことを2点紹介しますね。

結婚への意欲のある人に出会える

いいなと思った男性が既婚者だった…なんてことは30代になるとよくあること。
だからといって、出会ったばかりの人に「結婚してますか?」とか「結婚願望はありますか?」なんて聞けないですよね。

でも、結婚相談所なら、独身で結婚への意欲のある人しか登録していません。
効率よく、結婚願望のある男性に出会えるのが結婚相談所なんです。

価値観の合う人が見つけられる

アドバイザーからのフォローを受けられるので、価値観の合う人に出会えるんです。

私は、自分の離婚歴を受け止めてくれる、人の痛みがわかる誠実な人を探していました。
でも、自力で探すなんてとても無理。

結婚相談所を通して探すと、登録しているたくさんの男性から選べるんです。

バツイチ女性が結婚相談所をおすすめする理由【まとめ】

20代で離婚を経験して、私は結婚に不向きなんじゃないのかと悩んだ日々。

でも、バツイチだからって、後ろ向きにならなくてもいいんです。
むしろ、婚活市場ではモテる!

30代バツイチの私が、わずか6ヵ月でスピード再婚できたんですから。
ちなみに、新しい人生へ一歩踏み出そうと決意した時、私が利用してみたのがこちらのサイトです。

どの結婚相談所を選べばいいかわからなくても、「ズバット結婚サービス比較」なら最大10社まで資料をまとめて取り寄せることができるので、とっても便利ですよ!

↓    ↓    ↓    ↓


 

提供:株式会社ウェブクルー
運営会社:株式会社ウェブクルーエージェンシー