30歳以上の女性の約4人に1人が発症する「子宮筋腫」、不妊との関係は? 発見後もがん保険に加入できる?
PR:FWD生命保険株式会社





無症状な方ばかり? 子宮筋腫の実態

女性と男性は身体のつくりが違い、それぞれ異なる健康リスクを抱えています。女性特有の病気といえば、乳がんや子宮がんを思い浮かべるかもしれませんが、今回は子宮筋腫に注目してみましょう。

子宮筋腫は30歳以上の女性の20~30%が発症する(注1)とのことで、数字だけ見ると、女性にとって身近な病気だといえますよね。
注1:公益社団法人日本産科婦人科学会コーポレートサイト 産科婦人科の病気 子宮筋腫より

ただ、子宮筋腫はがんのように悪性ではなく、あくまでも良性の腫瘍です。無症状なら経過観察と診断されるケースも考えられますが、手術や薬による治療が必要になるのはどのような場合なのか、具体的に見ていきましょう。

子宮筋腫は、できる部位により筋層内筋腫、粘膜下筋腫、漿膜下(しょうまくか)筋腫の3種に分類されます。

  • 筋層内筋腫:子宮の筋肉の中にできる筋腫で、3種のうち最も多いタイプです。筋腫が大きくなると過多月経につながり、ただでさえ苦しい生理痛が、余計にひどくなってしまいます……。筋層が厚いと、生理時に子宮が収縮しづらくなってしまうためです。
  • 粘膜下筋腫:子宮の内側を覆う粘膜にできる筋腫で、3種のうち最も少ないタイプです。筋腫が小さいうちから、経血量が増えるなどの症状が出やすく、月経痛や貧血の原因にもなります。また、筋腫が成長しすぎると、その重みで子宮から膣内へ飛び出してしまい、生理時に大量出血を招く恐れもあります(筋腫分娩)。
  • 漿膜下筋腫:子宮の外側を覆う漿膜にできる筋腫です。他の2種に比べ症状が出にくいため、筋腫が大きくなるまで発見されないケースがほとんどですが、いざ巨大化すると下腹部を圧迫します。結果的に便秘や頻尿、腰痛などを引き起こしますので、やっかいだということに変わりはありません。

子宮筋腫が不妊に発展するのはどんなとき?

子宮筋腫については先ほど、無症状なら経過観察と診断されるケースも考えられるとお伝えしました。経過観察とは筋腫が大きくなっていないか、子宮に異変は起きていないか、定期的に診察を受けることです。もし筋腫が見つかったら、たとえ忙しくても放置はやめましょう。

とりわけ、将来的に妊娠を考えている方は、より真剣に子宮筋腫と向き合わなければなりません。特に筋層内筋腫と粘膜下筋腫ができてしまった場合は、筋腫により子宮の内膜が変形することで、受精卵が着床しづらくなってしまいます。すなわち、不妊のリスクが生じかねないということです。

子宮筋腫は婦人科検診で見つかることも珍しくありません。特に妊娠を希望する方は、早い段階で検診に行き、自分の身体への理解を深めてはいかがでしょうか。

子宮筋腫は悪性腫瘍ではないが、がん保険への影響は?

ところで日本では、誰もが何らかの公的医療保険に加入するよう義務付けられていますよね。加入できる保険は働き方や年齢次第で、会社勤めや公務員の方は「被用者保険」に、75歳未満の自営業者やフリーランスの方は「国民健康保険」に、75歳以上の方と65歳以上で一定の障害のある方は「後期高齢者医療制度」にそれぞれ加入し、病気やケガをしてしまったときの医療費の自己負担を抑えられるようになっています。

とはいえ、病気やケガによっては、これらの公的医療保険だけでは医療費をカバーしきれない場合もあるでしょう。そこで浮上するのが、あらかじめ民間の医療保険に加入しておくという選択肢。特定の病気のみを保障対象にしていたり、個々のニーズに合わせた特約(オプション)でカスタマイズできたりと、その性質は商品ごとにさまざまです。

もちろん、どんな商品も、保険会社の審査に通らなければ加入ができません。例えばAという病気に特化した保険商品があったとして、今現在その病気にかかっていたり、過去にかかったことがあって再発や転移の可能性が疑われたりすると、加入は難しくなってしまいます。給付金を受け取りやすい状況で加入することや、同じ人が何度も給付金を受け取ることは、保険の公平性を損ねてしまうからです。

では、子宮筋腫を発症してしまったら、民間の医療保険への加入可否に影響は出るのでしょうか。審査の基準は保険会社によって異なり、最終的に申込後に加入可否が判断されます。

そして先述のとおり、子宮筋腫は良性の腫瘍です。経過観察や治療によって悪性の腫瘍(がん)ではないと判断できていれば、医療保険のなかでも、がんのみを保障対象にしたがん保険に加入できる場合があります。皆さんも、子宮がんのような女性特有の病気に対するリスク管理のために、がん保険への加入を今のうちから検討してみてはいかがでしょうか?

FWD生命の「FWDがんベスト・ゴールド」というがん保険は、初めてがんと診断確定されたときに、「がん診断給付金」として最高300万円の一時金が支払われます。入院費にあてる、治療費や通院時の交通費として活用する、生活費の足しにするなど、使い道はさまざま。保険は商品内容が複雑という印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、このようにFWD生命のFWDがんベスト・ゴールドを見てみると、意外にシンプルな仕組みになっていますね。

また、FWDがんベスト・ゴールドには「がん治療給付金特約」、「女性がんケア特約」、「自由診療抗がん剤治療特約」といった特約を付加することができます。このうち女性がんケア特約では子宮観血切除術、乳房観血切除術、乳房再建術(注2)といった治療を手厚く保障。まさに、女性の不安に寄り添った内容だといえますね。
注2:FWD生命所定の手術が給付金の支払事由の対象となります。詳細は「ご契約のしおり・約款」をご確認ください。
→ FWDがんベスト・ゴールド「ご契約のしおり・約款」:http://article.fwdlife.co.jp/yakkan/contractdatelist.php?code=088&ctype=0&ptype=0

がんは治療費も心配ではないかと思いますので、それを保険で備えられるとなれば、金銭面でも気持ちの面でも余裕が出てくるはずです。今を前向きに生きるための指針として、ぜひFWD生命のがん保険をチェックしてみてください。

FWDがんベスト・ゴールド
詳細はこちらをクリック

<参考資料>
公益社団法人日本産科婦人科学会コーポレートサイト:https://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=8
KOMPAS(慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト):https://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000044.html

※「FWDがんベスト・ゴールド」の引受保険会社はFWD生命保険株式会社です。
※「FWDがんベスト・ゴールド」は、保険期間の始期から91日目に保障を開始します。
※各給付金には所定の支払限度があります。
※このページにおいて紹介している保険商品の内容は2022年2月1日現在適用されているものです。
※商品の詳細につきましては「パンフレット」「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」等をご覧ください。
※社会保険制度の内容については、2022年2月1日現在施行されている制度に基づく内容です。今後の制度改正等によって、内容が変更される場合もあります。

[sponsored]提供:FWD生命保険株式会社 / 登録番号:FLI-C10526-2111 /
記事制作及び運営会社:株式会社WCA