マイホーム購入に潜むリスク。病気でローン返済がままならなくなる前に取れる対策は?
PR:FWD生命保険株式会社





住むならマイホームor賃貸? それぞれのメリットを整理

今は賃貸住宅に住んでいる皆さんも、ときには「いつかマイホームがほしい」と夢見ることがあるでしょう。これから子どもが増えたり、いずれ両親と同居したりするようであれば、賃貸アパートなどでは手狭に感じてしまうかもしれませんよね。

とはいえマイホームは、人生で最も高額な買い物になるはず。おいそれと購入に踏み切れるものではありませんが、世の人々は、いったい何歳でマイホームを買っているのでしょうか? 下記の表は、住宅の一次取得者(初めて住宅を取得した世帯)の、住宅タイプごとの平均年齢です。

出典:国土交通省住宅局「令和元年度住宅市場動向調査報告書」

新築の戸建て・マンションであれば30代後半、中古の戸建て・マンションであれば40代前半が購入時平均年齢になっていますね。皆さんがこの年齢に差しかかっているようでしたら、思い切ってマイホームを買うか、今のまま賃貸暮らしを続けるか、一度考える時期にあるといえそうです。ここで一度、マイホームと賃貸それぞれのメリットを整理してみましょう。

まず、マイホームの圧倒的なメリットは「自分だけの家がある」という安心感や充実感です。注文住宅であれば間取りの融通が利き、とことん内装にこだわることも可能。戸建てであれば、子どもが増えて部屋が足りなくなったら増築したり、身体が不自由になったときや老後に備えてバリアフリー化したりといった、自由度の高さも魅力ですね。

さらに、マイホームの場合は住宅ローンの完済さえしてしまえば自分の資産になり、その後は毎月の家賃を支払う必要がありません。住み続ければ住み続けるほど、賃貸よりも生涯コストを抑えやすくなります。その気になったら、家を貸したり売ったりして収入を得ることもできるのです。ただ、病気などの事情でローンを滞納してしまうと、家の売却も覚悟しなければいけませんので、そうならないよう入念に備えておく必要があります。

一方で賃貸のメリットは、初期費用の低さ。マイホームと違い、多額の頭金や住宅ローンはいりません。どれだけ住んでも自分の資産にならない代わりに、固定資産税や家のメンテナンス費もかからないため、ひとまずは敷金・礼金と、毎月の家賃のことだけ頭に入れておけばいいでしょう。

そして、場所に縛られず、好きなタイミングで引っ越せるのも賃貸ならでは。急な転勤、隣人トラブル、収入の増減など、人生では何が起こるかわかりませんよね。そんなとき、どこへでも臨機応変に住み替えられるという気楽さは、賃貸の大きな長所だといえます。しかしもちろん、引っ越すたびに新たな費用や手間がかかりますし、収入状況や病気の有無などによっては、入居審査に通らないこともある点には注意したいところです。

<マイホームと賃貸の主なメリット/デメリット>

住宅ローンにリスクはつきもの? 必要なシミュレーションは?

マイホームと賃貸、どちらも一長一短だといえますが、やはりマイホームへの憧れが強い方は多いのではないでしょうか? 先ほども少し触れましたが、マイホームにあって賃貸にない特徴として無視できないのは、ズバリ住宅ローンの問題です。夢のマイホーム暮らしを実現したいなら、住宅ローンに潜むリスクを念頭に置かなければいけません。

一般的な住宅ローンは、最長返済期間が35年に設定されています。これだけ長期にわたれば、その間に夫婦のどちらか、あるいは両方が病気やケガで働けなくなったり、業績悪化や失業によって給与が激減したりといったケースは、充分あり得るでしょう。

社会的にも、2020年には新型コロナウイルス感染症という新たな脅威が現れました。金融庁が発表している「金融機関における貸付条件の変更等の状況について」の資料によると、金融機関(銀行、協同組織金融機関)には2020年3月10日から2021年3月末までの約1年間で、住宅ローンに関する相談が6万7038件も寄せられています。決して他人事とは思えませんよね。

もし住宅ローンの滞納が発生したら、せっかくのマイホームを任意売却したり、競売にかけたりといった選択を迫られることもあります。買い手がつき、売却できたとしても落札金額がローン残債に満たなければ、家は残らないのにローンは残ったままという悲しい結果に……。

マイホームを買って住宅ローンを組む前には、

  • 自分や家族のライフスタイルには、将来どういった変化が待っていそうか?
  • 住みたい家と生活水準のバランスを、どのように取っていくか?
  • 天災のような不測の事態に、いかにして対応するか?

などの観点から、冷静なシミュレーションが求められるということですね。

保険商品は、住宅ローン返済をどう助けてくれる?

冒頭で、マイホームを買う人の平均年齢は30代後半~40代前半だというデータをご紹介しました。大半の住宅ローンは80歳までの完済が条件となっているため、最長35年かけて返済することを踏まえれば、自然とそのような平均年齢に落ち着くという見方もできそうです。

住宅ローンとの付き合い方は各家庭で異なります。しかし、例えば夫婦共働きで夫がローン契約者の場合、夫の病気や死亡には前もって備えるのにも関わらず、一緒に家計を担っている妻が倒れてしまったときの備えは、つい忘れがちではないでしょうか。特に女性の皆さんは、乳がんや子宮頸がんといった女性特有の病気があることを意識しておかなければいけません。

というのも、国立がん研究センターがん情報サービス「がん統計」(全国がん登録)によれば、乳がんは30代後半から、子宮頸がんに至っては20代後半から罹患率が増加しているからです。住宅ローンを組み始める時期には、がんのリスクはすでに高まっていますので、備えるのであれば、早め早めにがん保険への加入を検討するのがよいでしょう。

FWD生命の「FWDがんベスト・ゴールド」というがん保険は、初めてがんと診断確定されたときに、「がん診断給付金」として最高300万円の一時金が支払われます。入院費にあてる、治療費や通院時の交通費として活用する、それこそ住宅ローンの足しにするなど、使い道は自分次第でOK。保険は商品内容が複雑という印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、このようにFWD生命のFWDがんベスト・ゴールドを見てみると、意外にシンプルな仕組みになっていますね。

病気は、いつ誰に襲いかかるかわかりません。ただ、病気による住宅ローンの滞納や日々の生活費の負担増といった経済的なリスクは、ある程度なら想定しておくことができます。ぜひFWD生命の保険商品をチェックしながら、人生設計を見つめ直してみましょう。

FWDがんベスト・ゴールド
詳細はこちらをクリック!

<参考文献>
賃貸or持ち家徹底比較!結局いいのはどっち?:https://www.sakura-inc.net/blog/column/chintaimochiie/

※「FWDがんベスト・ゴールド」の引受保険会社はFWD生命保険株式会社になります。
※「FWDがんベスト・ゴールド」は、保険期間の始期から91日目に保障を開始します。
※各給付金には所定の支払限度があります。
※このページにおいて紹介している保険商品の内容は2022年2月1日現在適用されているものです。
※商品の詳細につきましては「パンフレット」「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」等をご覧ください。

[sponsored]提供:FWD生命保険株式会社 / 登録番号:FLI-C10527-2111 /
記事制作及び運営会社:株式会社WCA